Performer

応援隊長

舞川あいく

舞川あいく

生年月日:1988年8月17日 出身地:東京都 血液型0型

両親は台湾人の在日台湾人2世。兄が1人

Popteenの読者モデルとしてティーンのカリスマとなり、CanCam専属モデルを6年間務める。現在はファッション誌の他、バラエティーやイベントなど多方面で活躍し、同世代の女性たちから絶大な支持を受けている。フォトグラファーとしても活動し、写真展の開催、写真専門誌での連載等、ハイブリットなポジションを確立した。また、2015年には舞川あいくが責任監修した旅行ガイドブック「おいしい台湾」を出版しました。

7/30・31 両日

Monica Wu(モニカ・ウー)

Monica wu(モニカ・ウー)

台湾出身 横浜国立大学卒

透明感溢れる歌声と独特な雰囲気を醸し出すシンガー・ソングライター。

ファッションショーモデルも経験。いくつかの歌コンテスト優勝を機に歌手活動を始める、 一流ミュージシャンで固められたバックバンドと共に、日本と台湾を拠点に精力的に活動を行っている。 CDリリース『Starting’Over』『SINNKIROU』『Special Single』など。

日本、韓国、アメリカの人気オンラインゲーム「Tendo」イメージソングを歌い、 日本と台湾にてTV・ラジオ出演。ワンマンライブ敢行や、6万人大規模イベント出演など、グローバルに活躍中。

http://monica-wu.com/index.html

尾崎久美子+GMNバンド

尾崎久美子

【ボーカル_尾崎久美子】

バンド活動を経て、その後数々のレコーディングにコーラス・コーラスアレンジとして参加。その他現在では、ヴォーカルアドバイザーとして新人アーティストやプロを目指すシンガーの個人レッスン、専門学校のヴォーカル講師等、レッスン依頼を多数受けている。

【ピアノ_宮沢由衣】

4歳からピアノを始め、02年モデルバンドユニット「Heart Field」で徳間ジャパンよりメジャーデビュー。TV、ラジオ、ステージ等に出演。03年に師でもあるサックスプレイヤーの佐野博美氏とデュオを結成。日本工学院ミュージックカレッジで講師。

【ギター_鈴木一義】

アーティスト・サポート、レコーディング、アレンジ、プログラミング、音楽講師など多方面で活動中。Rockを中心にダンス音楽、ゲーム音楽、映画音楽、ラジオ番組のBGMなどジャンルにとらわれない音楽制作を行う。

【ギター_宮脇俊郎】

「ギター基礎トレ365日!」「最後まで読み通せるジャズ理論の本」など、これまでに単行本や教則DVDを多数手がける。2011年ギター・インストCD「Gentle Guitar V」をリリースし、2015、2016年には台湾でのギター・セミナーを実施。

【ベース_上野一郎】

1986年、ロックバンドフラワーズでメジャーデビューし2枚のアルバムを発表。 1995年、真心ブラザーズのバックバンドMB’Sに参加、現在に至る。 2013年9月、自身のバンドTASTE OF TIMEのファーストアルバム「あくび」を発表。

【ドラム_菅野吉也】

東京コンセルヴァトアール尚美打楽器科に入学し、作曲を北条直彦氏に師事する。 バークリー音楽大学でドラムをEd Uribe、ラテンパーカッションをGiovanni Hidalgoに師事し、ジャズ理論やアレンジ等を学び卒業。ドラムサークル協会認定ファシリテーター。

PLC

PLC

世界中の甘党を代表してLOVE&PEACEをお届けする愛と平和の地平線!Yes! We are PLC!!!

PLCは2012年の夏に行われた全国オーディションの合格者によって結成されたグループです。現在まで600回を超えるステージに出演し、キュートなパフォーマンスでみんなに元気と笑顔をプレゼント!台湾から一人日本に渡り起業した江野銘明氏が築き上げた全国チェーンのスイーツショップ「パールレディ」のイメージガールに就任し、スイーツアイドルとしても元気に活動中です!

http://plc-official.jp

こけぴよ

こけぴよ

埼玉県ジモドルに選ばれた昭和風5人組ユニット!

ミュージカルをベースとした歌うことが大好きな癒し系ボーカルユニット。メインボーカル二木蒼生はテレビ朝日番組や映画などに出演。2016年2月埼玉県公認PR大使として「勝手にさいたま応援隊」に任命されるなど現在活躍中。

http://www.kokepiyo.jp

スルースキルズ

スルースキルズ

世界初!罵っていい!アイドル!!ロンドンブーツ1号2号の田村淳 発案!

渋谷チェルシーホテルで行われた お披露目ワンマンライブにてデビュー。どんな誹謗中傷、罵詈雑言を浴びせられても スルーするスキルを持つ12人をオーディションにて選出現在は9人のメンバーにて、日々罵られ、このストレス社会で溜まった大きなストレスを発散してもらう為活動をし続けてる。

http://surusuki.com

三原慧悟(SANYUAN JAPAN)

三原慧悟(ミハラ-ケイゴ))

私、台湾で勝手にアイドルを目指している者です。

SNSを利用し、昨年5月から始めましたがFacebook上で7万人を超えるファンが付いてくれています。パフォ−マンス内容は、「アイドルコメディショー」と題して演劇×映像×ライブという形式で笑って盛り上がるショーを心がけています。

https://www.facebook.com/MiharaKeigo/

アイリーン(璦鈴)_進行役

アイリーン(璦鈴)

台湾出身 1月15日生まれ 趣味 : 刺繍、旅行、釣り

小学校時代より台湾電視台、華視電視台に子役として出演。学校時代、歌謡コンテストに入賞。高雄のステージにてスカウトされ日本へ。新宿・横浜新人賞。そして「水戸黄門」準レギラー出演、歌謡トーク番組の司会などもこなす。

http://artist-crew.net/airin.html

7/30・MUSIC OF TAIWAN day1 「TAIWAN NEW WAVE」
進化を続ける台湾ポップスの未来を担う若きアーティストの共演

安溥(英語名:anpu)(アンプ)

安溥 anpu

中華圏の音楽シーンにおいて、安溥anpuは特別なクリエイターでありアーティストである。

15年を超える創作とライブのキャリアにおいて、彼女は、世代やジャンルを超えた沢山のファンを持つ数少ない女性歌手の一人である。

以前、張懸という名前で活動していた10年の間に、中華圏においてプロデューサーとして、歌手として、クリエイターとしてあらゆる音楽賞を無数に獲得し、数万人規模のコンサートのプロデュースを成功させ、詩集の出版も間近に控えた今、この世代を最も象徴する作家であると言われている。

ステージの上の彼女は、常に自分を持ち、自由で、落ち着いた様子で、そのフォークやオルタナティブロックな雰囲気の楽曲と文学的な詩の歌において光り輝くのである。

彼女の深みがあるが心に響き、そして皆の記憶に深く残る歌声は、かつてあるメディアにアジアのPatti SmithやCat Powerのようだと形容された。

独特で創造性に富んだ言葉選びと多元的なイメージを創出していて、多くの音楽ファンが毎年彼女の歌詞や演出を心待ちにしている。

https://www.youtube.com/watch?v=lqPhqGu3VCM

來吧!焙焙!(英語名:Come on! BayBay!)(ライバ・ベベ)

comeonbaby

鄭焙隆、鄭焙檍の兄妹により2006年の冬に結成。台湾の大小様々なフェスティバルに出演をし、海外へも活動を広げている。

「彎的音樂」というレーベルより《無所畏懼與寬容》(2009年)、《真實的印象》(2012年)の2枚のアルバムを発表し、シンプルで味わいのある曲風と深みのある歌詞により台湾の文学青年の間で特別に愛される存在となる。

2010年に台湾最大の音楽賞である第21回金曲獎での最優秀ユニットにノミネートされた後、自身で音楽レーベル「自主練習工作室」を立ち上げ《私人經驗》をリリース。バンド編成でのライブを開始し、台湾インディーズで確固たる地位を築く。

「來吧!焙焙!」は台湾のフォークロックの進行形そのものであると言えるだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=3uIbahu_S6s

陳零九(英語名:Nine chen) (ナイン・チェン)

陳零九

偶然にも小学校から高校生まで座席番号が全部九番だったので、陳零九がアーティストネームになった。

くじけない気持ちと信じる気持ちはゆっくり強くなっていき、生活の中のストーリーをメロディーに変えていくことがたまらなく好き。音楽を作ることは人生そのものだから。

台湾ポップス界の注目のシンガーとして若者を中心に人気を博している陳零九。待望の来日公演となる。

https://www.youtube.com/watch?v=ueqIHjM_Gvo

台客電力公司(タイカーデンリョクコウシ)

台客電力公司

台客電力公司は2016台湾でもっとも注目の台湾語テクノミュージックの新星だ。

街でもネットでも話題騒然の、ボーカルギターの柯大堡KoDaBowとDJの大衛の2人テクノユニットである。

様々なテクノミュージックの要素を取り入れ、旧来の台湾語歌曲のあらゆる枠組みを超越した楽曲で、流行音楽シーンに新たな一石を投じるのである。

https://www.youtube.com/watch?v=GZpak4yybI4

「台湾フェスタ2016」にご当地キャラクターが大集合!

ご当地キャラクター

DVD付きCD 『みんないっしょに!ご当地キャラクターたいそう』発売記念イベント 

「みんなでたいそう&ハイタッチ会」開催決定!

「台湾フェスタ2016」にくまモンをはじめとするご当地キャラクターが、元気を届けにやってきます!子どもから大人まで楽しめるステージをお楽しみください!

また、当日は各キャラクターからの体操のワンポイントアドバイスや、DVD付きCD『 『みんないっしょに!ご当地キャラクターたいそう』を先着でご購入の方への特典(サイン入りポスター)プレゼント&ハイタッチ会も実施します。(サインは印刷となります)皆様の参加をお待ちしております。

出演:くまモン、ちょるる、しまねっこ、ぐんまちゃん、さのまる、はちくん

※出演者は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

http://columbia.jp/charataiso/

ピンク・ベイビーズ

ピンク・ベイビーズ

ピンク・レディーを手掛け、都倉俊一氏が総合監修を行う中高生で編成される正統派王道アイドルユニット。

ピンクレディーを受け継ぐ正規後継ユニットとして結成し、現在では、親子で楽しめるイベントやアイドルのライブステージに多数出演している。

https://pinkbabies.jp

杏窪彌(アンアミン)

杏窪彌(アンアミン)

2011年結成。台湾からやってきた謎の少女VoのMINを擁する、 台北生まれ、東京育ちのエキゾチックポップバンド。観光気分で懐かしい未来を唄う、東洋一のネオ歌謡。

http://www.un-amin.com/profile.html

Eri Liao -エリ・リャオ- + ファルコン

Eri Liao(エリ・リャオ)

台湾・台北生まれ。

東京大学文学部宗教学科卒業。コロンビア大学大学院芸術学科 Creative Writing Non-Fiction / Literary Translation コース中退。

NY留学中にジャズを学び、台湾、日本、アメリカ、ブラジルなど、古今東西の音楽を多言語で歌う。ジャズをバックグラウンドに、かつ台湾原住民族・タイヤル族という自身のルーツを活かし、台湾原住民の音楽からテレサ・テン、ジャズ・スタンダード、ビバップまで、独自にアプローチする演奏がライブで好評。現在東京をベースに活動、2016年アルバムリリース予定。

http://eriliao.jimdo.com

ファルコン(ギター)

広島県福山市生まれ。 東京在住。

アコースティックギターをメインに、 独自のチューニングと、delay、drone、loop を駆使した空間的なアプローチで様々な共演者とライブ活動を展開中。 自然や風景を描写した曲作りで、2014年2月沖縄野外録音ソロアルバム『Walk on the sea』発売。

http://falconguitar.jimdo.com

7/31・MUSIC OF TAIWAN day2 「TAIWAN ORIGINAL」
台湾音楽の伝統と現代音楽の要素を併せ持つ注目のアーティストの共演

夾子電動大樂隊(英語名:THE CLIPPERS BAND)(クリッパーズ)

夾子電動大樂隊

夾子電動大樂隊は台湾インディ創成期よりボーカルの小應(シャオイン)を中心としてあらゆるフェス、コンサート出演をしてきた、結成20年の大ベテランバンドであり、幾多のメンバーチェンジを経て今に至る。

今までに8枚のアルバムを発表し、中でも「轉吧!七彩霓虹燈」という曲は台湾ロックのアンセムとして今も人々に親しまれている曲である。

様々なジャンルの音楽を吸収し、彼らのライブは民間芸術であるトークショウ、ソロパフォーマンスの要素も取り込んだエンタテインメント性の高いショーとなっている。

小應は俳優として映画出演なども多く、マルチな才能で活躍している。日本でも有名な大ヒット台湾映画「海角七号 君想う、国境の南」での水蛙(カエル)役で彼の演技を目撃している人は多いはず。

その愛すべきキャラクターで日本のファンも少なくないであろう「夾子電動大樂隊」待望の東京公演である。

https://www.youtube.com/watch?v=TXtxiKaaVBU

巴賴(英語名:balai) (バライ)

巴賴(バライ)

大都会高雄で生まれ育ったパイワン族の青年-バライ-は台湾の都市で育った新世代の原住民シンガーソングライター。

2012 年に「臺灣原創流行音樂大獎」並びに2014年に「原BAND大賞コンテスト」でそれぞれ1位と2位を獲得する。

その後日本や韓国、香港中国でも公演を行い、自身の音楽を磨き上げる。ギターの伴奏と、老人のような重みのある歌声で、原住民としてのDNAを場の持つスピリットと土地に宿る魂に融合させて創作を重ねている。

そして2015年に発売されたアルバム「古老的透明」が本年度の金曲獎最佳原住民語歌手獎にノミネートし、大きな注目を集めている。

https://www.youtube.com/watch?v=NFK7PL2NiL0

楊大葳楊大葳(英語名:yang da wei)(ヤン・ダーウェイ)

楊大葳

台湾のロックバンド「青春大衛」のボーカル。

圧倒的に骨太なボーカルと、民謡とポップスの要素がバランス良く絡み合う楽曲で話題となる。

ソロでのライブも活発に行っており、将来の台湾歌謡ロック界を牽引していくアーティストとして期待されている。

http://youtu.be/_Po7fGN8338

里地帰(さとちき)

里地帰(さとちき)

中国の伝統楽器【二胡】を演奏に取り入れた、二胡弾き語りシンガーソングライター。

類を見ない演奏スタイルと、二胡と楽曲とのハーモニーが多くの人々の注目を集め話題を呼んでいる。!樹齢800年の「頼朝杉」(天然記念物)を使用した和風の二胡「和胡」の制作を手がけるなど精力的に活動している。

http://里地帰.jp

洸美-hiromi-

洸美-hiromi

台湾生まれ・台湾育ちのハーフ。18才より来日。独特の情景描写や素直な感情表現を、透明感ある歌声と共に織りなす台湾系J-popシンガーソングライター。

台湾で感じた物事や景色、中国語を織り交ぜた歌詞が特徴的。ラジオパーソナリティやライブなど、都内を中心に活動中。

http://hiromi629.wix.com/hiromi

OPENちゃん

OPENちゃん

ぼくは台湾からやってきた宇宙犬、OPEN(オープン)ちゃんです。 日本に住む妹のPLEASE(プリーズ)ちゃんに会いにやってきたよ。 そうしたら日本のことをもっと知りたくなったので、しばらく住む事にしたんだ! 日本のみなさんに、台湾のことも紹介していくよ~!よろしくね!!!

https://www.facebook.com/openinjapan/

タイワンダー☆

タイワンダー

フレンドリーな国・台湾を応援してるンダー☆

台湾の島の形をしてるよ!バナナ・椰子・胡蝶蘭を頭に飾り、背中にはT A I W A Nの文字が♪

チャームポイントは短い足(恒春半島)!みんなに応援してもらいタイワン☆

http://www.cheer4taiwan.org

モンドくん

モンドくん

22003年生まれの12歳。両親からイタリア語で「世界」という意味を持つモンド(MONDO)と名付けられ、幼少の頃より独特の個性を発揮。

3歳頃より面白い絵を描き始め、小学生になると絵がコンクールで入賞したり、週末には似顔絵屋さんとしても活動をはじめる。まっすぐ純粋に見たものを見たまま描くというスタイルで描かれる人物画が話題となり、2014年に初の画集「モンドくん」(PARCO出版)発表。そのほか雑誌「ヨレヨレ」の表紙や挿絵、谷川俊太郎とのコラボ、瀬戸内寂聴「死に支度」の装画などを担当。メディアにも度々取り上げられ、東京や台湾、シンガポールでの個展開催など、国内外で大きな注目を集めている。

http://mondo-art.blog.jp/

特別ゲスト

大久保麻梨子(MARIKO)

mariko

「Sea Story Audition 2003 マリンちゃんを探せ!」でグランプリに選ばれ芸能界デビュー, 2011年から台湾に移住して中国語を学びながら台灣での芸能活動を開始。2013年10月出演作品【愛情替聲】が脚光を浴び台湾最大のテレビアワード「第48回金鐘獎」テレビ映画部門の最優秀助演女優賞を受賞。これは日本人として初めての快挙を達成しました。

・ 大久保麻梨子の目標は女優業とともに台湾アンバサダーとして、日本と台湾の橋渡しが出来る事を目標としている。
最近では、連続ドラマ《幸福不二家》で主人公の松坂七海を好演している。

・ 台灣在住日本人女優、タレント/第48回 金鐘獎 助演女優賞受賞/二ヶ国語エッセイ/作家/台日生活文化達人/台灣アンバサダー

https://www.facebook.com/0907Mariko/