Performer

TIME TABLE

TIME

応援隊長

舞川あいく

舞川あいく

舞川あいくさんは、本イベントの新台湾イメージ確立として訴求したい東アジアのトレンドリーダとしてぴったりであるほか、 両親が台湾人。祖父母が台湾に在住しており、台湾愛は人一倍あり、本イベントとの親和性が高く、カルチャーやトレンドに吸収力・影響力のある女性層に人気がある理由で、今回も応援隊長として活躍して頂くことになりました。

舞川あいくさんには、ポスターや公式サイト上の動画にご登場いただき、台湾の魅力を伝えていただくほか、「台湾フェスタ_2017」29日(土)のオープニングでは、ステージ上から「わたしの好きな、台湾」のメッセージも贈っていただきます。

■プロフィール

生年月日:1988年8月17日 出身地:東京都 血液型0型

両親は台湾人の在日台湾人2世。兄が1人

Popteenの読者モデルとしてティーンのカリスマとなり、CanCam専属モデルを6年間務める。現在はファッション誌の他、バラエティーやイベントなど多方面で活躍し、同世代の女性たちから絶大な支持を受けている。フォトグラファーとしても活動し、写真展の開催、写真専門誌での連載等、ハイブリットなポジションを確立した。また、2015年には舞川あいくが責任監修した旅行ガイドブック「おいしい台湾」を出版しました。

特別ゲスト

大久保麻梨子(MARIKO)

大久保麻梨子

「Sea Story Audition 2003 マリンちゃんを探せ!」でグランプリに選ばれ芸能界デビュー, 2011年から台湾に移住して中国語を学びながら台灣での芸能活動を開始。2013年10月出演作品【愛情替聲】が脚光を浴び台湾最大のテレビアワード「第48回金鐘獎」テレビ映画部門の最優秀助演女優賞を受賞。これは日本人として初めての快挙を達成しました。

・ 大久保麻梨子の目標は女優業とともに台湾アンバサダーとして、日本と台湾の橋渡しが出来る事を目標としている。
最近では、連続ドラマ《幸福不二家》で主人公の松坂七海を好演している。

・ 台灣在住日本人女優、タレント/第48回 金鐘獎 助演女優賞受賞/二ヶ国語エッセイ/作家/台日生活文化達人/台灣アンバサダー

https://www.facebook.com/0907Mariko/

TAIWAN FESTA 2017 meets ”TAIWAN ORIGINAL”

最近日本でも注目度が高まっている台湾のミュージックシーン。メジャー、インディーズ問わず様々なシーンで日本との結びつきが日に日に強まっています。

今回台湾フェスタでは、台湾のライブハウスや野外音楽フェスを賑わしている、まさに旬のアーティストをお招きしました。台湾ならではのオリジナリティ溢れる多彩なアーティストが多数出演。きっとお気に入りの音楽に出会えるはずです!お楽しみに!

王若琳 with 戸田泰宏

王若琳

幼少の頃よりアメリカで生活し、現地の音楽文化に触れて育つ。

2008年歌手デビュー。中華圏で一躍話題となり、今後最も活躍が期待される新人の登場と評される。 ジャズを基調にしたポップスから、ボサノバ、クラシック、電子音楽等幅広く創作している。

その特徴のあるソウルフルな歌声は、聴くものを必ず虜にすると言われている。 台湾音楽界が最も注目する才能ある歌手の一人。

https://www.youtube.com/watch?v=FReo8wYsbVg

以莉・高露(Ilid Kaolo)

以莉・高露

台湾原住民アミ族出身のシンガーソングライター。 ジャズやボサノバ、アミ族の民謡をルーツとする、自然と調和した曲風が 特徴。独特な透明感のある歌声を聴く者の心に染み渡らせる。

2011年にリリースした1stアルバム『軽快な生活 My Carefree Life』では台湾のグラミー賞と称される「金曲獎(金曲賞)」にて「新人最優秀賞」、「原住民歌手最優秀賞」、「原住民アルバム最優秀賞」を受賞され、インディーズの歌手としては異例の快挙を成し遂げる。

https://www.youtube.com/watch?v=9H-LwAA9Vec

雀斑 Freckles

雀斑

雀斑は、ボーカル、ギター、キーボード担当の林以樂(benben)と、実の兄弟であるベース担当の偉博(ウェイボー)と、ボーカル、ギター担当の偉安(ウェイアン)、そしてドラム担当の菜圃(ツァイプー)にて2003年に結成された。作詞作曲は主に林以樂が担当している。

2005年に台湾の大きな音楽祭にて審査員賞を受賞したのち1stアルバム[我不懂搖滾樂]を発表。ラジオでのプロモーションのみで噂が噂を呼び、当時のインディーズバンドとしては異例の6000枚以上のセールスを記録する。

そして数年の活動休止の後、2014年についに再結成を発表し、台湾インディポップの最重要バンドとして再びシーンの最前線へと躍り出た。そして2017年ニューアルバム「不標準情人Imperfect Lover」を制作し、その類稀なるポップセンスはさらに進化を遂げ、早くも台湾シティポップの名盤として国内外で大きな話題となっている。

https://www.youtube.com/watch?v=J_5n9LXT5DM

落日飛車(Sunset Rollercoaster)

落日飛車

2011年にアルバム『巴莎諾娃 Bossa Nova』発表し、その年のSUMMER SONICに出演。

2016年E.P『JINJI KIKKO』を発表、サイケロック、JAM的な要素に台北独特のメロウなムードが加わり、唯一無二の落日飛車的アジアンオリエンティッドロック(AOR)を生み出した。日本でもデビューを果たし、アメリカ、カナダ等10カ国以上の国でのツアーも大成功を収め、各地でその音楽性が絶賛されている。

https://www.youtube.com/watch?v=bVb8x7QRUsY

台客電力公司(タイカーデンリョクコウシ)

台客電力公司

台客電力公司は2016台湾でもっとも注目の台湾語テクノミュージックの新星だ。

街でもネットでも話題騒然の、ボーカルギターの柯大堡KoDaBowとDJの大衛の2人テクノユニットである。

様々なテクノミュージックの要素を取り入れ、旧来の台湾語歌曲のあらゆる枠組みを超越した楽曲で、流行音楽シーンに新たな一石を投じるのである。

第28回金曲賞 入圍 1、年度專輯賞 ベストアルバム賞ノミネート 2、最佳台語專輯賞 ベスト台湾語アルバム賞ノミネート

https://www.youtube.com/watch?v=GZpak4yybI4

巴賴(英語名:balai) (バライ)

巴賴(バライ)

大都会高雄で生まれ育ったパイワン族の青年-バライ-は台湾の都市で育った新世代の原住民シンガーソングライター。

2012 年に「臺灣原創流行音樂大獎」並びに2014年に「原BAND大賞コンテスト」でそれぞれ1位と2位を獲得する。

その後日本や韓国、香港中国でも公演を行い、自身の音楽を磨き上げる。ギターの伴奏と、老人のような重みのある歌声で、原住民としてのDNAを場の持つスピリットと土地に宿る魂に融合させて創作を重ねている。

そして台湾と日本のミュージシャンが参加して完成されたアルバム「古老的透明」が2016年度の金曲獎、原住民歌手最優秀賞を受賞し大きな話題となった

https://www.youtube.com/watch?v=-4XhLEV4v_8

黃美珍 Jane(ファン・ジェーン)

黃美珍 Jane

”Y2J”としてメジャーデビューし数々の賞を獲得した後、ソロシンガーに。2016年11月リリースした2枚目のE.P. 「左耳(Left Ear) 」は、KKBOX Chart Top1。 「原來我也可以幸福(my Happiness)」はTop3にランクイン。ファン・ジェーン(黄美珍)が歌う「原來我也可以幸福(my Happiness) 」は、2016年11月に発売され、KKBOX Chart Top3 に輝いた楽曲。動画再生サイトで80万回以上、音楽ストリーミングサイトで10万回以上再生されている台湾バラード屈指のヒットソング。

https://www.youtube.com/watch?v=CjCkegzWrBs

jealkb(ジュアルケービー)

jealkb

ロンドンブーツ1号2号・田村淳がヴォーカルのhaderuとして率いる「ヴィジュアル系ロックバンド」として2005年にVo.haderuとDr.elsaにより結成したヴィジュアル系バンド。結成わずか10か月で恵比寿のリキッドルームでのワンマンライブを大成功させる。翌年発売のデビューシングル「metronome」では、インディーズチャート1位を獲得。

2012年には初の対バンツアー「異色薔薇ノ歌合戦」を行い、ストライク(コンドルズ)、氣志團、OKAMOTO’S、TOTALFAT、MUCC、THE冠、MERRYなど異色のコラボレーションが話題になり、JIN(High Speed Boyz)Shinnosuke(SOUL’d OUT)、寺岡呼人、所ジョージ、前山田健一、ガガガSP楽曲提供となるコラボレーションアルバム「V?」をリリース。その後も精力的にライブ活動などを行い、2015年11月台湾「The Wall」にてワンマンライブを敢行。MAGIC POWERとのコラボでも話題となる。2016年11月にシングル「reboot」発売を機に自主レーベルjealizeを設立した。2017年7月19日には6枚目のアルバム「IDENTITY」のリリースを控えている。

https://www.youtube.com/watch?v=p9shfaYxGn0

朱頭皮(ツー・トーピー)

朱頭皮

「豬頭皮」という名前で1990年代にデビューを果たし一躍有名になる。2000年金曲賞"最優秀台湾語男性歌手部門を受賞。

映画への出演、楽曲提供なども行いテレビの司会や音樂評論家、映画評論家としてマルチな才能を発揮しており音楽史やレコード史の専門家としても知られている。

https://www.youtube.com/watch?v=sKd5u2W6OMc

玉木慎吾

玉木慎吾

玉木慎吾(たまきしんご)1983年8月29日生まれ 沖縄県石垣島出身のミュージシャン。石垣島へ渡った台湾移民の第三世として生まれ24歳まで石垣島で音楽活動をし2007年に上京。 現在ヘビーメタルバンド 「SEX MACHINEGUNS」 「ザ☆メンテナンス」のベーシストとして活動し、近年では「玉木慎吾」名義でソロのアコースティックライブなどの活動をしている。

石垣島へ渡った台湾移民の歴史を辿ったドキュメンタリー映画「海の彼方」にて玉木家の歴史を知ることになり、日台ハーフとして自身のアイデンティティーについて深く考えるようになる。映画「海の彼方」をきっかけに台湾移民1世である祖母の玉木玉代に贈った歌「玉の花」や自身のアイデンティティーを歌った「虹の麓」を作詞作曲し、2017年3月に台湾の高雄で行われたMega port Festival 2017にて台湾の誇るメタルバンド「CHTHONIC」(閃靈:ソニック)のサポートベーシストとして出演するなど、精力的に音楽と台湾の繋がりも深めている。

http://japan.cna.com.tw/news/aart/201608060008.aspx

アンアミン

アンアミン

台湾からやってきた謎の少女VoのMINを擁する、台北生まれ、東京育ちのエキゾチックポップバンド。観光気分で懐かしい未来を唄う、東洋一のネオ歌謡。

https://www.youtube.com/watch?v=kjINTc4ImCQ

ericka hitomi

ericka hitomi

生まれてから3歳までニューヨークで過ごし、その際にミドルネームである「ericka」が付いた。(しかし英語は喋れない)東京世田谷にて育ち、現在は「フェリス女学院」に通う現役女子大生。

「Zepp Namba」出演・BS-TBS「音ボケPOPS新人発掘オーディション」出演。「_| ̄|○(ヘタレ)な自分とSAYONARAツアー2015」と題し、2015年6月1日から6月30日まで毎日ライブを行う。「欽ちゃんのドーンとプラチナby FRESH!」2017年3月度のエンディングテーマとして「ただの日常」が決定。「欽ちゃん」こと萩本欽一さん、土屋敏男プロデューサーにも歌詞について深く掘り下げていただく。

https://www.youtube.com/watch?v=RU-_DEdrZBk

柴郡貓CheshireCat

柴郡貓

童話の世界に出てくるようなキャラクターと猫のような愛くるしさを合わせ持つ猫系Girl。 ほのぼのしたメロディーに平凡な日常の出来事を歌い、聴く人々を自然と柴郡貓ワールドに引き寄せる。

2009年シンガーソングライターとして活動開始。EP《小小的幸福》《夢遊仙境》とシングル《小春日和》《仰角》《如果》をリリース。 台湾にて音楽活動を展開する他、日本でも過去に沖縄アジア国際音楽祭、名古屋栄ミナミ音楽祭、神戸新開地音楽祭と言った音楽フェスにも出演。それ以外にも日本各地でライブ活動を精力的に行っている。

https://www.youtube.com/watch?v=h9aku55JhIk

原田茶飯事

原田茶飯事

5月2日大阪出身、クリームチーズオブサン解散後2009年から東京在住。芸名に水が絡むと運気があがるとのことで原田茶飯事と名乗っている。

ソフトロックやMPBの洒落っ気、茶目っ気を感じさせながらも口から半分 魂の出たようなステージングは必見。全国の演奏旅行を生業としながら野外フェスでのライブも務め、各地に顔見知りを増やしている。ソロとバンドを使い分け節操無く渡り歩く全方位型シンガーソングライター。

《公式web site》http://haradasahanji.com/

https://www.youtube.com/watch?v=GPOnW-29M5o

MACHINA

MACHINA

韓国出身で東京で活動している女性アーティスト “MACHINA (マキーナ)” Appel Girlというニックネームで動画を公開し、世界中を驚かせたYeo Hee(ヨヒ)のソロプロジェクト。数台のiPhoneを楽器のように演奏して歌う姿に世界中のオーディエンスが衝撃を受け、動画は瞬く間に拡散。YouTuberの先駆けとなる。モデルとして、Mac Fanカバーガールやロッテ「キシリ トールガム」CMに出演。数々のCMソングを歌うなど活発に活動した後、音楽スタイルを一新。2016年に2枚のE.P.をリリース。アンジェラ・アキと共作したWaltz-stepsを2ndE.P.に収録。 アンビエントでエレクトロニカな世界を展開している。作詞・作曲・アレンジだけでなく、ムービー・ディレクターまでやってしまう高いクリエイティビティーは、ニュータイプの「宅録女子」として注目されている。

https://www.youtube.com/watch?v=acZeULzT1lA

Monica Wu(モニカ・ウー)

Monica wu(モニカ・ウー)

台湾出身 横浜国立大学卒業

透明感溢れる歌声と独特な雰囲気を醸し出すシンガー・ソングライター。
いくつかの歌コンテスト優勝を機に歌手活動を始める、一流ミュージシャンで固められたバックバンドと共に、日本と台湾を拠点に精力的に活動を行っている。 CDリリース、日本、韓国、アメリカの人気オンラインゲーム「Tendo」イメージソングを歌い、日本と台湾にてTV番組・ラジオ出演、音楽雑誌にて紹介され、ワンマンライブ敢行や、フランスでもコサートを行い、台湾では年末年始の大型イベント(跨年晩會)に3年連続6万人大規模イベント出演など、グローバルに活躍中。

ファッションショーモデルも経験。近年、ナレーションやTVCMソングの仕事もこなす。国際文化交流イベントを積極的に参加、毎年台湾関連大型イベント(台湾フェスタ/台湾祭り)にレギュラー出演。

今年8月からインターネットテレビ放送局Platinum TV (プラチナテレビ局) のパーソナリティを務め、日本の視聴者に台湾のニュースや文化、音楽情報を提供する。

公式サイト:http://www.monica-wu.com/

mandimimi

mandimimi

台湾系アメリカ人シンガーソングライター・Mandyによるソロ プロジェクト「mandimimi」。 ​「mimi」=日本語では「耳」、中国語では「秘密」 を意味します。音楽のテーマは、現実と夢の間の、​終わりのない旅。​ 2017年6月に​、自主制作の1st EP『Unicorn Songbook: Journeys』​をリリースしました。

音源→ https://soundcloud.com/mandimimimelody

尾崎久美子とGMNバンド

尾崎久美子

銀座メディカルネットワークは、予防医療や、介護予防を目的として、首都圏の介護施設を中心に、コンサートを毎月実施しています。また、コンサートには、その趣旨に賛同して、すばらしいアーティストが参加してくれています。石井竜也さん、鈴木雅之さん、鈴木聖美さん、東京パフォーマンスドール、広瀬香美さん、寺内タケシさん、HUMMING BIRDなど、日本を代表するミュージシャンや、AKBの卒業生の佐藤亜美菜さん、上戸彩さんや、石井達也さんのCD制作に参加しているメンバーです。

ヴォーカル:尾崎久美子 コーラス:松田和子 ピアノ:宮澤由衣 ギター:鈴木一義
ベース:原田博之 ドラム:麻生 祥一郎

洸美-hiromi-

洸美

台湾生まれ・台湾育ちのハーフ。18才より来日。独特の情景描写や素直な感情表現を、透明感ある歌声と共に織りなす台湾系J-popシンガーソングライター。 台湾で感じた物事や景色、中国語を織り交ぜた歌詞が特徴的。ラジオパーソナリティやライブなど、都内を中心に活動中。

サンスポアイドルリポーター SIR

SIR

サンケイスポーツがプロデュースするパチンコリポートアイドル。サンスポに連載を持ちながら、パチンコホールへの取材・ライブ活動を通して、人々に笑顔と元気を届けるユニット。TOKYO IDOL FESTIVALに結成以来6年連続出場、パチスロ祭り、パチンコパチスロフェスタなど、パチンコイベントにも多数出演。2016年の全国ツアー(札幌・福岡・大阪・名古屋・東京)では、ツアーファイナルで約900名を動員。2020年までに日本武道館ワンマンが目標。

http://sir777.com/

楽遊アイドル編集部

LYIB

地上波TOKYO MX1(9ch)にて冠番組「楽遊の高層アイドル!!」放送中。 全国75組のアイドルをクーポン付きで紹介するアイドル専門誌を編集するアイドルが楽遊アイドル部です。

http://www.idol-pass.com/idol_recommend/572/

PLC

PLC

世界中の甘党を代表してLOVE&PEACEを皆様にお届けする、愛と平和の地平線!Yes!We are PLC!PLCは大人気のタピオカチェーン「パールレディ」のイメージガールを母体に2013年にCDデビューしたアイドルグループです。 これまでにシングル6枚とアルバム1枚を発表し、活動は4周年を迎えました。今年5月に5期生が加入し新しいグループとしてリスタート!

メンバーは北川芽韻(めめ)、もりしょうこ(しょうぴー)、小西梨花(りかっち)、小松りりか(りりか)、深田咲奈(さなたん)の5人!

http://plc-official.jp/

りんご娘

りんご娘

2000年7月に青森県弘前市で結成され、メンバーを入れ替えながら活動を継続中。音楽・芸能活動を通した地方からの情報発信と、地元青森の活性化、全国、海外の第1次産業をエンターテイメントで元気づけることを目標としている。年間80本以上のイベント出演やTVやラジオ、CMへの出演も数多く、地方アイドルのトップランナーとして注目を集めている。青森県での認知度はほぼ100%!

昨年は国民的アニメソングカバーコンテスト「愛踊祭(あいどるまつり)2016」では242組のアイドルが参加し、見事「優勝」&「ベストオーディエンス賞」のW受賞をする。台湾にもりんごのPRで行く他、メンバーは台湾語を習い、台湾に向けPR活動を積極的に行っている。

http://www.ringomusume.com/rcms/

SUPER FANTASY

SF

おとぎ話の世界に飛び込んでハッピーエンドを迎えにいく、全く新しいエンターテインメントプロジェクト。 2017年2月2日にデビューし、毎週日曜日に赤坂の専用劇場にて定期ライブを行う。 THE HEROES、THE VILLAINS、そしてSUPER FANTASY。 異なる3つの音楽に導かれ、あなたも今おとぎ話の世界へ。

http://www.super-fantasy.com/

新月灯花

新月灯花

1967年~1973年頃のブリティッシュ・ロックを愛する、ちょっとサイケで、ちょっとプログレッシブなバンド。現代に若干そぐわない新月灯花です! 2011年の原発事故で自分の鈍感さに気が付き、福島中心の活動を決意しました。それ以来毎月福島に通い、5年という月日が経ちました。避難所で仲良くなった小学生がもう高校生!だけど、まだまだこの事故は解決していない!なのに何食わぬ顔で再稼働!そして、頻繁に問題起こして止まる!少々呆れ気味な今日この頃です。そんな新月灯花をよろしく!

http://www.inglabel.com/shingetu_toka/index.php

里地帰

里地帰

中国の伝統楽器【二胡】を演奏に取り入れた、二胡弾き語りシンガーソングライター。 東京都・墨田区出身。 幼少期は京都で過ごす。現在は日本と台湾を中心に香港・中国などアジアで活動中。

2015年より台湾での音楽活動をスタート。年間約半分を台湾で活動。 2016年2月6日に発生した台湾南部地震の際は日本全国にてチャリティツアーを開催。 台南市政府へ直接届ける。 2017年7月より台南南寧文学・家というアーティストレジデンスへ進駐。 約4ヶ月間生活をしながら台南に関わる楽曲を制作するコラボレートを台南市と進めている。

《公式Facebook》https://www.facebook.com/satochiki/